ホーム > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

弊社は、個人情報保護の重要性と社会性を認識し、法令およびその他の規範を遵守し、以下の保護方針に基づき、個人情報保護に関するマネジメントを役員・全社員が一体となって実施し、個人情報の適切な取り扱いを実現します。

1. 個人情報の適正な管理

私たちは個人情報の管理のために、管理責任者および体制を明確にし、個人情報の管理を厳正に行います。また、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改竄および漏洩等を防止、是正し、適切かつ最善の措置を講じます。

2. 個人情報の取り扱い

1 個人情報を収集する場合は、利用目的を特定します。また、特定された利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を取り扱います。
2 偽りその他不正な手段によって個人情報を取得いたしません。
個人情報を取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表いたします。また、本人から直接書面で取得する場合には、あらかじめ本人に利用目的を明示いたします。
3
以下の措置を講じて、利用目的の範囲内で、個人データを正確かつ最新の内容に保ちます。
  • 個人データ入力時の照合・確認手続の整備
  • 記録事項の更新
  • 保存期間の設定 等
4
個人データの漏洩や滅失を防ぐため、以下のように必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
  • セキュリティ確保のためのシステム・機器等の整備
  • 社内の責任体制の確保(個人情報保護管理者の設置、内部関係者のアクセス管理等)等
5 安全に個人データを管理するために、従業者(正社員のみならず、役員、契約社員、アルバイトを含む)に対し、個人情報保護意識の徹底のための教育研修を実施します。退職者にも同等の個人情報保護義務を徹底させます。
6 私たちがお客様から個人情報を取り扱う業務を受託する場合は、私たちと同等の個人情報保護体制をお客様のために導入し実施します。既にお客様の個人情報保護体制が導入されている場合には、その規則に従います。
7
私たちが個人データの取扱いについて外部に委託する場合には、委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。
  • 個人情報保護措置の委託契約内容への明記
  • 再委託の際の監督責任の明確化
8 私たちは、収集した個人情報を本人の同意なくして、第三者に提供することはありません。ただし、法令により開示を求められた場合、または裁判所・警察などの公的機関から開示を求められた場合は、本人の同意なく個人情報を提供することがあります。

3.個人の権利の尊重

私たちの保有する個人情報に関して、本人から開示、訂正、利用停止等の申し入れがあった場合は法令に従い適切に処理し
ます。

4.苦情及び相談への対応

個人情報の取り扱いに関する苦情、相談等に対して、対応窓口として「個人情報保護に関する相談窓口」を設置し、速やかに
対応を行います。また、苦情、相談等に基づき、個人情報保護マネジメントの改善に努めます。

制定 :2009年6月
【個人情報保護に関する相談窓口